The nature trail

ナチュラルライフを目指し、食べ物、自然療法、     日々の出来事など♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマのこと。その2

クマのこと、もう少し続きます。

この冊子、随分前に知人から貰っていました。
その時は、さっと目を通しただけで、きちんと読んでいませんでした。


今回知床に行って、この冊子のことをふと思い出し、
もう一度きちんと読み直しました。

読み直したら、、、、
大変!!
日本のクマと森が、大変な状況です。
しかし、それは、人間も大変な状況になりつつあるということです!

ここに書かれているクマはツキノワグマですが、
現在、絶滅の危機に瀕しています。

その理由は、クマが住める森が日本にほとんど無くなってしまったから。

日本の奥山のほとんどが、戦後の拡大造林という国策によって、
スギとヒノキだけの人工林に変わってしまったのです。

ブナやミズナラなどの広葉樹をベースとする自然の森は、木々の実、葉、花そして、林床を覆う下草、虫など、たくさんの動物たちの食料が豊富にありました。

しかし現在は、人間に有用とされる、針葉樹のスギやヒノキだけの植林がどんどん行われているので、野生動物達の寝ぐらとえさ場が無くなってしまったそうです。

そして、お腹をすかせた動物達が、人里へ出て来て、農作物を荒らしたりするので、有害獣として、人間が次々殺し始めたそうです。

クマたちは、森に住むことが出来なくなって、お腹を空かせて仕方なく山から降りて来たのに、そこで惨い殺され方をしている。。。

昨日も書きましたが、もともとクマは臆病者でおとなしくて、木の実などを食べる草食系で、ひっそりと森の中で暮らしていたそうです。

私もそうでしたが、たくさんの人間が、クマは凶暴な加害者だと勘違いをしています。
その誤解から、クマを絶滅に追いやりつつあるそうです。

本当の被害者は、クマなのに。。。

DSC01300.jpg

自然の森は、木々が根を深く張り、雨の水を地下で蓄え、それを長年かけて、おいしくて、きれいな水に変えて、川に流しています。

日本は水の豊富な国だと言われます。
その水のお陰でお米の豊な国になりました。

スギやヒノキなどの人工林は、木々の根が浅く、土壌もしっかりしていなくて、水をどんどん流してしまうそうです。

最近の台風などでの山の土砂崩れのニュースを見るとこれと関係があるのかな?と思っています。。。

先日の台風で兵庫県の大変な状況を伝えるニュースを見ていたら、丁度崩れた山が写り、地元の人が「スギだけの山」と話していて、「え!?」と思った所で違うニュースになってしまいました。

このままだとこの先、どうなってしまうのでしょうか??

DSC02997.jpg
世界遺産知床の、森やくまたちは、かなり守られているので、幸せな方です。


昨日も書きましたが、アイヌ語でクマは、キムンカムイ 「山の神」という意味です。
「山の神」を私たちは、絶滅に追いやっている。。。


アイヌの人たちは、クマが森を育てると考えているそうです。

ガイドの方がおっしゃていましたが、クマは、食べたものをきちんと消化できないそうです。
フンの中に、木の実や種、シャケなどほとんどそのまま状態であるそうです。

そのフンが土の栄養になったり、種から新しい芽が出たりと、長い時間をかけて、更に森を豊かにしていくそうです。

クマが住める森を守ること、もしくは取り戻していくことは、水を守る事、また私たちの暮らしを守る事なんですね。

豊な森を壊し、人工林にすることは簡単なことですが、もとの姿に戻すのは、大変なことです。

ちなみに、大型野生動物が残る地域の人国林率は、多い所で60、70、80パーセントだそうです。

この数字を知って愕然としました!
私は恥ずかしながら、何も知りませんでした。

この冊子を発行している「日本くま森協会」は、この問題を知った兵庫県の中学生と理科の先生方の様々な運動が発端となって出来上がりました。

この「クマともりとひと」は1部100円で日本くま森協会より買う事ができます。

まずは、この冊子を何冊か買って友人や知人にあげて、この問題を知ってもらう事が、この協会でがんばって運動をしている人たちの励みになり、少しでも役に立つことになるのかな?と思っています。

ここま読んでくださったことに、感謝です。
ありがとうございました♪
スポンサーサイト

*Comment

こんにちは。wacocoro

こんにちは。
メールをありがとうございました!
そして、とても嬉しい日記まで♪
とても励みになり、温かい気持ちで一杯になりました。

こちらのクマさんの本。
私も1年半ほど前に知人から頂き、その場で涙を流してしまいました。
言葉に表すとまとまらなくなってしまうのですが・・・
共に暮らす動植物への感謝や生活の改めを、個人レベルでもっともっとしなくてはならない世の中なんだと思いました。
もっともっと、この現実を知って頂きたいですね。。
私自身も出きることから。

同じ本を読んでいらっしゃることが嬉しくなりコメントさせていただきました(^^)

またお会いできますことを楽しみにしております。

wacocoro
高桑明日香
  • posted by タカクワアスカ
  • URL
  • 2009.08/19 20:24分
  • [Edit]

wacocoro 高桑さま

コメントありがとうございます♪
とってもうれしいです。

また夏休み明けに、wacocoroでのお食事、
そして、お会い出来るのを、楽しみにしています!


  • posted by glenwoods
  • URL
  • 2009.08/20 10:20分
  • [Edit]

賛同します!

ほんとにおっしゃる通りです!
私も、自然を身じかに感じた旅行で日本の森を守りたいと思っているところでした!でも、熊の事まで考えが至りませんでした^^;。いい記事をありがとうございました!
  • posted by caelum
  • URL
  • 2009.08/21 22:03分
  • [Edit]

caelumさま

コメントありがとうございます♪

クマを守ることは、結局私たち自身そして子孫を守ることに繋がるんですよねー。
もし機会があったらこの冊子ぜひ読んでみてください!
兵庫県の当時の中学生達や先生方の純粋な思いや行動力
には感動させられます!!
  • posted by glenwoods
  • URL
  • 2009.08/22 11:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

~やすらぎの癒し系名言~



presented by 地球の名言

検索フォーム

~お気に入り♪~

左サイドメニュー

カウンター

Flashカレンダー

プロフィール

glenwoods

Author:glenwoods
日常生活を大切にしながら、日々感じた事を綴っています。
身近にできる自然療法や、肩に力の入らない自然食を、自分や家族のために、ある時は実験台になってもらいながら(笑)、楽しみつつ日々の生活に取り入れています!
イギリス在住時にバッチフラワーレメディと出会い、現在勉強中です。

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。